お知らせ | 大阪府でマンションメンテナンス・防水工事なら「藤居技研 株式会社」へお任せください。

お知らせ

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 防水工事の工法の一つ、塩ビ防水とは?

防水工事の工法の一つ、塩ビ防水とは?

防水工事は、建物の内部に雨水などが侵入することを防ぐために重要な工事のひとつです。防水工事といっても工法はさまざまで、建物の防水機能を高めるために現場の環境や材質などの条件によって、あるいは耐久性や予算によってどの工法にするかを決めていきます。

今回は、防水工事で用いられる、塩ビ防水について簡単にお話したいと思います。

塩ビ防水とは、防水工事におけるシート防水に含まれるもので、塩化ビニル樹脂で作られたシートを用いて、下地に直接接着剤で貼り付ける密着工法と鋼板やビスなどで固定する機械固定法があります。

この2つの工法についてみていくと、塩ビシートによる密着工法の場合は下地が平らな場所でより施工しやすく、下地に接着剤を用いて直接貼り付けることで風にも強い特徴があります。

塩ビシートによる機械固定法の場合は、鋼板やビスなどをドリルで固定するため、下地に既に傷みが出ていても比較的楽に施工ができることと、施工後の膨れなども起こりにくく雨漏りに強い特徴があります。

大阪府八尾市を中心としたエリアでアパートやマンション、ビルなどの防水工事をお考えの方や建物の防水についてお悩み事のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

2022.05.20

ページトップ