お知らせ | 大阪府でマンションメンテナンス・防水工事なら「藤居技研 株式会社」へお任せください。

お知らせ

  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 防水工事は建物がどんなときに行うべき?

防水工事は建物がどんなときに行うべき?

大阪を拠点に防水工事を行っている藤居技研です。
オフィスビルやマンション、アパート、商業施設など規模にとらわれない防水工事を行っています。

防水工事は建物の耐久性、耐水性を高める工事のことです。

もし下記の状況が発生していましたら藤居技研にご相談ください。

・壁のシミがなかなか消えない
・屋上やベランダに水溜りができている
・雨漏りが発生している
・外壁の塗装が剥がれている
・外壁にヒビ割れが起こっている

損傷が発覚している場合は放置していると雨漏りや内壁のシミにつながっていきます。
深刻な状態になる前にぜひご相談ください。

弊社では損傷具合に応じた修繕も行っています。
例えばひび割れが発生している箇所はパテやコーキング剤を注入し、しっかりと傷口を埋めてから防水加工を施しています。

汚れがひどい箇所は高圧洗浄機を使ってきれいにしてから塗装、および防水工事を行っています。

汚れは排気ガス汚れやほこり、鳥のフン、コケ、サビなども対応可能です。

必ず表面をきれいにしてから防水工事を施さないと表面に凹凸ができ、再び塗装剥がれ等が起こりやすくなってしまいます。

藤居技研では下処理もしっかり行ってから防水加工しますのでご安心ください。

お問い合わせはこちらから

2022.07.20

ページトップ